「踊りに行くぜ!!」vol.8開催!

artists profile

<「踊りに行くぜ!!」vol.8 出演アーティストのプロフィールなど>
「踊りに行くぜ!!」vol.8は、41組のアーティストが、日本全国、海外3カ国から出演します!ご覧あれ。

  -

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


photo by スポンサードリンク
  -

「踊りに行くぜ!!」vol.8 アーティストプロフィール


※この公演は終了しています。



SPECIAL IN TOKYO / OSAKA 出演者決定!!

踊りにアイコンKIKIKIKIKIKI [京都] / KENTAARO!! [東京] /
白舞寺 [台湾] / プロジェクト大山 [東京]

←スペシャル出演者にはこのマークが付いています*


●「SPECIAL IN OSAKA」情報はこちら
●「SPECIAL IN TOKYO」情報はこちら


「踊りに行くぜ!!」vol.8の出演アーティストのページです。
 *右サイドのボタンをクリックして操作してください。*

[[右サイドボタンの説明]]


全出演者 ・・・全てのアーティストの縮小画像(各アーティストページへリンクしています)を表示します。
TOPへ ・・・TOPページへ移動。"縮小表示"のところにアーティスト名のあいうえお順に、10組づつの縮小画像を表示します。
自動表示 ・・・自動的にメインエリアのアーティストページが切り替わります。
新着など ・・・最新の更新情報や、リンク集を表示します。

縮小表示 ・・・ここにTアーティストの縮小画像(各アーティストページへリンクしています)が表示されます。

selected Entries ・・・"縮小表示"に表示されている画像のアーティスト名のリスト。左上から順に表示されます。

カテゴリー ・・・各地よりの選抜や推薦など、出演方法や紹介方法により、5つのカテゴリーに出品作品を分けてみました。
* 踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など ― 21作品
* りージョナル・ダンス・プロジェクト発! ― 1作品
* にほんの各地に紹介したい! from 海外 ― 3作品
* 行きます!日本全国へ from ダンスカンパニー ― 3作品
* くせになるかも?! from スペース・ダンスプロジェクト ― 4作品
* ぜったい観たい、あのダンス・このダンス ― 12作品
クリックすると、各項目ごとにThumbnails(サムネイル)が表示されます。


■出演者一覧■(こちらからも個々のページにリンクしています。)

赤丸急上昇「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
Abe "M" ARIA ●作品ダイジェスト掲載!
EAsy「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
伊藤文恵
イフクキョウコ「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
岩淵多喜子 ●作品ダイジェスト掲載!
ウォレスとダンバラ 「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
エーヴァ・ムイル ●作品ダイジェスト掲載!
遠田誠+JOU 「アーティストへの10の質問」回答一部掲載!遠田誠掲載!!* ●作品ダイジェスト掲載!
加藤範子「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
上前昌之

踊りにアイコンKIKIKIKIKIKI
「アーティストへの10の質問」回答掲載!* 
●作品ダイジェスト掲載!

北村成美 「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!
木原創+かやの木芸術舞踊学園
楠原竜也
クロスキン
黒田育世 「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!

踊りにアイコンKENTARO!! 
「アーティストへの10の質問」回答掲載!*  
●作品ダイジェスト掲載!

co.co.yo ●作品ダイジェスト掲載! 
近藤良平 ●作品ダイジェスト掲載!
坂本公成+Monochrome Circus 「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!
さきらダンス道場「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
信田基「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
柴田恵美「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!
砂連尾理「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!
じゅんじゅん ●作品ダイジェスト掲載!
白井麻子「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!

踊りにアイコン白舞寺 White Dance Temple 
●作品ダイジェスト掲載!

time and locus「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!
Dance Theatre LUDENS ●作品ダイジェスト掲載!
24(弐拾四) 「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
newClear(ニュークリア)
BATIK「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
P'Lush「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!

踊りにアイコンプロジェクト大山
「アーティストへの10の質問」回答掲載!* 
●作品ダイジェスト掲載!

細木美穂(エビバイバイ)「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
松本かおる
村上和司「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!
森下真樹 「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!
山口佳子「アーティストへの10の質問」回答掲載!* ●作品ダイジェスト掲載!
山崎広太 
山田知美 「アーティストへの10の質問」回答掲載!*  ●作品ダイジェスト掲載!
山野井寛 マニシア
yummydance ●作品ダイジェスト掲載!「アーティストへの10の質問」回答掲載!*
ヨシ・ベルグ&オデット・グラフ ●作品ダイジェスト掲載!

  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

赤丸急上昇 【from 松山】


akamaru

出演地域:松山/静岡

「日々是好日」

振付・出演:赤松美智代、丸山陽子

作品コメント
息すると・衰えていく・我が身かな

プロフィール

Akamarukyuujyousyou みかんの国からやってきたコンテンポラリー芸人。マンガみたいなダンスを身体を使いきっておどる肉体派。山奥育ちの赤と海育ちの丸、対照的なふたりは、いつもケンカ! ケンカの度に生まれる新しいムーブメントが快感。共に牛山眞貴子に師事、そしてDANCE STUDIO MOGA(98年〜)の運営に設立当初から携わるおどる会社役員。「踊りに行くぜ!!」vol.6、「オーストラリア−日本 ダンスエクスチェンジ(AJdX)2006」等に参加。


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

Abe "M" ARIA 【from 東京】


abemaria

出演地域:静岡/沖縄

「―――」

出演:Abe "M" ARIA

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント 
...願わくはスパッと潔く、鮮やかな切り口を。

プロフィール
高校在学中創作ダンス部に所属。自由に踊りまくる。その後、様々な舞踏家・ダンサーのワークショップに参加してみるが事足りず。自ら主催する場で、即興で踊ることをメインとした独自の稽古を開始。現在に至る。主な活動としては、ソロ公演やミュージシャンとのライブなどを行う他、94年からは国内外のフェスティバルにも多数参加している。また路上でも頻繁に踊り続け、ダンスに興味を持つ人以外の様々な反応の中に身を置くことを、常に心掛けている。


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

EAsy 【from 鳥取】


EAsy

出演地域:鳥取

「relate」

振付:EAsy
出演:井尻雅代、小谷恵美子、三島麻美

作品コメント
跳んで 空気に触れて アシを蹴り上げて・・・人それぞれ感じ方・表現が違う。とりわけ私達は三者三様に違う。私たちの個々にもつ環境・空間は透明な布を媒体に顕わとなり、いつしか互いに交錯し関わりはじめる。

プロフィール
踊るOL+舞踊専攻生
井尻雅代/体で何かを感じたい05年とつぜんダンスコングでおどりだす。
小谷恵美子/鳥取生まれ鳥取育ち、ADMでコンテンポラリーダンス歴20年。
三島麻美/ジャズ、コンテンポラリー、ストリートなんでも踊りたい鳥大生。

続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

伊藤文恵 【from 仙台】


itofumie
撮影:深瀬澄夫

出演地域:仙台

「うつせみ」

振付・出演:伊藤文恵

作品コメント
現人(うつせみ)=現存、生存。
空蝉(うつせみ)=ぬけがら、虚脱。
今はどこにいるのか、じっと見て、じっと見られて確かめる。

プロフィール
Ito Fumie 生粋の仙台っ子。大学時代、芝居・踊りに出会い、自分の体と向き合うようになる。向き合い始めたらその関心は留まることを知らず、気の向くまま思いのまま踊るようになる。ソロ活動の他に《空間実験こがねむし》のメンバーとして舞台に立つ。06年《ロマン派ダンサーズ》を結成。初デュオ作品を冬に発表した。<仙台選考会選出>

  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

イフクキョウコ 【from 福岡】


ifukukyouko

出演地域:福岡

「浮かんで遊んで流れて」

振付・出演:イフクキョウコ

作品コメント
あべこべな 浮遊感  身体と音の

プロフィール 
Ifuku Kyoko 幼少よりあちこちに点在し縁あって福岡にながれつく。その土地土地の影響をうけ染み付いた匂いとばらばらな記憶がつなぎあわされた身体をもつ。05年よりコンテンポラリーダンスをはじめ、「ダンスジェネレイト福岡2004」(福岡市文化芸術振興財団主催)に参加、『ゆらん』発表。「波に乗れ!ダンス波」(同)にて、『und』発表。「ダンスラボ2005・2006」(北九州芸術劇場主催)参加。最近は即興音楽とダンスのライブも行う。無性に踊りたくて狂いたい今日この頃。福岡発パフォーマンスユニット《素体ル》所属。<福岡選考会選出>


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

岩淵多喜子 【from 東京】


iwabuchitakiko
撮影:塚田洋一

出演地域:淡路島/弘前

「Moment」

振付・出演:岩淵多喜子

●作品ダイジェストを見る!
     
作品コメント
身体、感覚に刻み込まれた記憶、痕跡。
構築と解体。こぼれ落ちていく時間     

※Dance Theatre LUDENSカンパニー作品「Moments」(初演06年1月)をベースに創られたソロ作品。

プロフィール 
Iwabuchi Takiko 東京学芸大学、同大学院にて運動生理学、キネシオロジーを修了。ラバンセンターにてプロフェッショナルダンスディプロマ取得。ダンサーとしてエルヴェ・ロブ、テッド・ストッファー等のプロジェクトに参加後、99年帰国、Dance Theatre LUDENS を設立。以来、LUDENSのメンバーとの共同創作を軸にパークタワーネクストダンスフェスティバル、新国立劇場等、国内外で作品を発表。01年『Be』-duo version-にて横浜ソロ×デュオコンペティション横浜市文化振興財団賞、在日フランス大使館賞受賞。平成16年度舞踊批評家協会新人賞受賞。06年初のソロとなる本作『Moment』を発表。


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

ウォレスとダンバラ 【from 高知】


wores

出演地域:高知
「AHF アンガー・ハンガー・ファンガー

振付・出演:ウォレスとダンバラ

作品コメント 
年老いた 空腹の犬がいる
喰っても喰っても喰い足らず 余計な物まで喰いつぶす
満ちることのない 空腹は 怒りの狂喜と罵倒するのか

プロフィール
Wallace & Danbara
ウォレス:幼少時バレエを習い踊り好きに。やがて、筋肉の固さ、内向きの骨盤、長ーい顔に恵まれていることに気付きバレエ以外の踊りを楽しむようになる。市民ミュージカル、ミュージカル劇団33番地での活動…現在に至る。
ダンバラ:色々な踊りを摘み食い。ジャンルには拘らない。89年米国でアフロヘイシャンダンス・ドラムの声に魅了され、Blanche Brown、Colette Eloi両氏に師事、両カンパニーに所属。05年帰高後はウォレスと真剣にふざけて踊る日々…。
<高知選考会選出>


続きを読む >>
  ●にほんの各地に紹介したい! from 海外

エーヴァ・ムイル Eeva Muilu 【from フィンランド】


eva
撮影:Antoinette Mooy

出演地域:栗東/仙台

「ミミズ Vermiculus」

振付・出演:エーヴァ・ムイル

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
舞台に立つとは? 舞台芸術とは? を問う作品ながら、実は誰もが一般社会の生活の中で体験する新しいことへの挑戦や、失敗を恐れる気持ちに、いつの間にか重なっていく。また彼女は「意味」「重要性」に疑問を投げかける。人生で何に価値があるの?取るに足らない不必要な物って何?自分たち自身の価値ってどうやって決めるの? 

プロフィール
04年にフィンランド舞台芸術学校ダンス科を卒業。アムステルダム演劇学校新ダンス科でも学ぶ。現在舞台芸術学校の修士課程振付プログラム在籍中。フィンランドとオランダの両国で活躍しており、最近の作品には『Too Many Voices for One(声が多すぎて)』、『Miserable and Without Wings(情けない、そして翼もない)』、『Few Fish out of my Stomach(胃から魚)』などがある。


  ●くせになるかも?! from スペース・ダンスプロジェクト

遠田誠+JOU 【from 東京】


endaJOU
撮影:小熊栄

出演地域:茅ヶ崎/佐世保/栗東

「六つゴト」

振付・出演:遠田誠+JOU

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
“睦言めいたゴト六つ”ハリガネ系ダンサー2人による初の共同振付演出作品。

プロフィール
Enda Makoto + JOU
遠田:《まことクラヴ》部長。シゴの裁きを覚悟した背番号45を背負うその男、サダメ系→www.makoto9love.com
JOU :千葉県産踊るハリガネーゼ。虚弱な肉体労働者。《Odorujou》時々主宰。主な活動&趣味はweb日記の更新→www.odorujou.net
<セッションハウス推薦>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

加藤範子 【from 弘前】


katonoriko

出演地域:弘前

「ワタシとアナタをつなぎとめるもの」

振付・出演:加藤範子 音楽:片山泰輝

作品コメント 
ワタシとアナタは、なにでつなぎとめられているのか
なんて、そんなの幻想かもしれない
でももしソレがなければ、
ワタシはココに存在していただろうか…

プロフィール 
Kato Noriko 弘前市出身。幼少より踊りはじめ、幅広く身体表現について学ぶ。98-99年ロンドン・ラバンセンターにて Professional Diploma in Dance Studies (PDDS) を取得。在学中April Nunesダンサーとして活動、また自身の作品を Bonnie Bird Theatreにて発表。03-05 年までドイツ、ケルンに滞在、インディペンデント・コレオグラファーとしての活動をはじめる。05年木村未央子とともに 《Dance-tect》を結成。06年 al'abordage Art Project 『Chasing the Whale 』アジア・ツアー参加。日本体育大学大学院修了。<弘前ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

上前昌之 【from 広島】


kamimaemasayuki

出演地域:広島

「2 face(二面性)」

振付・出演・映像:上前昌之

作品コメント
世の中にある様々な物事の二面性 身体を用いた音の視覚化 

プロフィール  
Kamimae Masayuki 15歳よりダンスを始めダンスディライトやTRFコンサートツアーなどにダンサーとして出演、ストリートダンスをベースに様々なダンスコンテストでも優勝している。その後、いくつかのプロダンスチームを経て、24歳より5年間の渡米生活を送る。
帰国後、広島を拠点にダンスユニット《JOINTS OF SOUL》にてダンス活動開始。広島のダンスシーンを盛り上げるために、定期的にストリートパフォーマンスで構成された、舞台演出、映像製作などイベントの企画制作にも携わる。<広島選考会選出>


  ●くせになるかも?! from スペース・ダンスプロジェクト

KIKIKIKIKIKI 【from 京都】


踊りにアイコンスペシャル公演出演決定! 大阪/東京
06年トヨタアワード以降、音楽に,G(カマジー)を迎え刺激たっぷり生まれ変わり、再デビュー。プロジェクト大山との東西カンパニー対決(!?)も見もの!

kikikikikiki
撮影:清水俊洋

「サカリバ007」

構成・演出・振付:きたまり
出演:花本ゆか、舟木理恵、白石紗知子、きたまり
音楽:,G  美術:黒田政秀  衣装:園部典子

作品コメント  
ここにいる。ここで起こる開放的な時間、ここで流れる閉鎖的な時間、破裂するほどの感情や氾濫する情報の渦の中、あさましくここにいる。

プロフィール
03年に京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科在学中のきたまりを中心に活動開始。以後ダンサー個々の特異な身体フォルムから湧き上がる独自の身体言語の世界観を追求し、実験的に作品の上演を重ねる。06年大学卒業を期にカンパニーとして本格始動。『サカリバ』(初演:04年)にて、主宰きたまりが06年「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD」ファイナリストとなる。同作にて07年KDP参加、新ダンサーと音楽に,G(カマジー)を迎え刺激たっぷり生まれ変わり、再デビュー致します。<京都ダンスプロダクション(KDP)選出>
きたまりブログ http://blog.kitamari.com/

●作品ダイジェストを見る!

KIKIKIKIKIKI 広島(撮影:和田拓治郎)
撮影:和田拓治郎
KIKIKIKIKIKI紹介コメント
騒がしく、露骨で、ただ流れ過ぎていく。初見参の東京は散々の出来。だが、京都での創り込みを経てサカリバは変わった。楽曲や衣装、照明の洗練、何より踊る身体が一変した。振付家・きたまりの私的妄想を突き抜け、彼女自身も含め四人の踊り手が、赤裸々にそれぞれの盛りの花を咲かす。ツアーの終点、二度目の東京では、引きつけ合い、ぶつかり合い、競い合って、むせかえるような花盛りのサカリバへと観客を誘うことだろう。
(高橋大助/國學院大學准教授)

●巡回地域:松山/福岡/茅ヶ崎/広島


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

北村成美 【from 大阪】


kitamurashigemi
撮影:平野愛

出演地域:鳥取/淡路島

「うたげうた」

振付・出演:北村成美
衣装:yum(梵 and 秀)
舞台美術:尾崎泰弘(※淡路島公演のみ) 

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
僭越ながら、みなさまの目の前に立って、朗々とバカなおどりの状態に没入するときにだけひらく、特別な宴。たくさんのうたが生まれ死に生まれくる極上なひとときのために、ただひたすら。

プロフィール
Kitamura Shigemi 通称、なにわのコリオグラファー・しげやん。6才よりバレエを始め、ラバンセンターにて学ぶ。93年より創作を開始。00年ソロとなり、「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」をモットーに、バカおどり道を疾走中!! ご家庭の居間で踊る「ダンスアットホーム」や1週間1人で踊り続ける「ダンスマラソン」を開催するなど、国内外で精力的な活動を展開。第1回TORII AWARDにおいてフランス賞、オーディエンス賞、平成15年度大阪舞台芸術新人賞を受賞。


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

木原創+かやの木芸術舞踊学園 【from 多治見】


木原創+かやの木芸術舞踊学園

出演地域:多治見 

「thinking」

振付:木原創
出演:かやの木芸術舞踊学園

作品コメント
列車に乗った…。目を瞑ると、そこは夢に溢れていた…。

プロフィール
Kihara Hajime 96年よりかやの木芸術舞踊学園にて指導者、コリオグラファーとしての活動を始める。
97年より毎年全国舞踊コンクールに出品し、1年目から第3位入賞を果たす。過去第1位を9度受賞。11年連続優秀指導者賞等、受賞多数。また、小椋佳プロデュースエルダミュージカル『夢にくちづけ』の演出を担当。小椋佳音楽による和太鼓『ポン太』の原作・演出・振付を担当するなど、舞踊にとどまらない活動を続ける。


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

楠原竜也 【from 東京】


楠原竜也
撮影:塚田洋一

出演地域:多治見/広島

「ME, MYSELF AND I」

振付・出演:楠原竜也

作品コメント
『時々嫌いで 時々好き 時々おもしろくて 時々つまんない 時々男らしくて 
時々小さな女の子みたい』

ありのままの自分って…?
まだまだ、まだまだ未定…?

*「日韓ダンスコンタクト」vol.7にて初演 

プロフィール
Kusuhara Tatsuya 玉川大学卒業。在学中にロンドン・ラバンセンターに留学。伊藤キム、白井剛、岩淵多喜子、高橋淳(じゅんじゅん)振付作品等に出演。05年よりテレーサ・ルドヴィコ演出『雪の女王』に出演し、俳優としても活動する。02年、《APE》を結成・主宰する。「多くの方にHAPPYを届ける」をテーマに、国籍・年齢・性別を問わず楽しんでもらえる作品を創作。06年、N.Y.・サンチアゴ・釜山、また、初ソロ作品をソウル・東京・リムリックにて上演。<関東ビデオ公募選出>


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

クロスキン 【from 宮崎】


クロスキン
撮影:Michi Pro CO.,LTD

出演地域:宮崎

「びびっどピンクの自動車事故 カモメ4・2・4」

振付:上村江利子
出演:上村江利子、川添圭路、河野佑介

作品コメント
あれから4年2ヶ月4日 それぞれいろいろあったカモ・・・メ!

プロフィール
Kuroskin 教師を目指して宮崎大学に入学、ダンスの講義を受講し、それまでもっていたダンスのイメージを覆される。小学校で子どもと一緒に踊りながら思う。「ダンスって真剣なあそびだ。」体育館、海、公園で作品をつくりながら思う。「動きは日常生活にある。」踊るためにすぐに集まる友だちをみて思う。「人が好きだから踊る。」だから。宮崎、さいたま、横浜。距離と時間とお金(交通費)がさらに作品を面白くする。<宮崎ビデオ公募選出>


  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

黒田育世 【from 東京】


黒田育代
撮影:ノン・高木

出演地域:仙台 

「モニカモニカ」
 
振付・出演 黒田育世 


●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
思いつめずに創り、喜んで踊る場所として『モニカモニカ』を捉えています。
これまでに色んなところで色んな形の『モニカモニカ』ができました。
踊りたいと心から思える日々の、大切な糧の一つになってきているようにも思え、
『モニカモニカ』の気分で踊れる機会に、深くありがとうの心です。

プロフィール
Kuroda Ikuyo 《BATIK》主宰。6歳よりクラシックバレエをはじめる。《谷桃子バレエ団》に所属しながら97年渡英、ラバンセンターにてコンテンポラリーダンスを学ぶ。00年より《伊藤キム+輝く未来》で活動。02年、《BATIK》を設立。同年、ドゥ・セーヌ・サン・ドニ(旧バニョレ)国際振付賞ヨコハマプラットフォームにてナショナル協議員賞を受賞。03年、「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD」にて次代を担う振付家賞等を受賞。05年朝日舞台芸術賞・キリンダンスサポート賞受賞。


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

KENTARO!! 【from 東京】


踊りにアイコンスペシャル公演出演決定! 大阪/東京
東京ではおなじみの方も多い、KENTARO!!ソロ最新作20minバージョンをスペシャルで。HIPHOPの馴染んだ身体から挑戦するオリジナルなダンスに注目。

KENTARO!!
「東京で会いましょう」

振付・出演:KENTARO!!

作品コメント 
お久しぶりです。君と出会ったあの日から、一体どれくらい経ったのだろう。
僕も大人になりました、多分。料理も少しばかり出来るようになって、
掃除も(2週間に1度ですが・・)する様になりました。
そしたら景色が変わり始め、言葉と気持ちが揺れてどんどん僕になっていくんです。
このまま染まってしまってもいいのかもしれないけど・・・だけど、
あの日の気持ちだけは変わらないんです。仕事も恋愛も超えて君に会いたい!!
でも会いに行く勇気が出ない。だから、会いに来てください。
時間が夢を蝕む日々なんです。

「ここに、会いにきてください。」

プロフィール
中学生の時からHIPHOP、LOCK DANCE、HOUSEを中心に学び、19歳の時にダンスチームLOCKIN`ONを結成。4年間の活動を経て03年よりソロダンサー・KENTARO!!として始動。主にクラブイベントで踊っていたが、コンテンポラリーダンスに深く影響を受けて劇場等でも踊るようになった。現在はライブ感を重要視し、即興を軸としてHIPHOPの技術と精神をコンテンポラリーにねじ込んだ独自の表現を目指している。07年度セッションハウス・レジデンスアーティスト。 www.kentarock.com

●作品ダイジェストを見る!

KENTARO!!
KENTARO!!紹介コメント
やっぱダンサーは顔だよね、体だよね、頭も心も全部くれ。晒して丸ごと頂戴な。と願う私に彼は出し惜しみしませんの。ギュンギュン踊るその姿、波に乗った姿はちょい甘酸っぱくてグルーヴィ。ふと自分の中の何かを思い出し、酔わされそうになった途端ちらり見せたあの顔は。踊って踊って踊った先のエクスタスィ。確かにget。ねぇケンタロウ君、あの味ってたまらんよね、そうですね。じゃあ、もーっと行けるとこまで連れてって。
(康本雅子/ダンサー・振付家)

●巡回地域:札幌/福岡/弘前


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

co.co.yo 【from 茅ヶ崎】


co.co.yo

出演地域:茅ヶ崎/沖縄/栗東

「WILD」

振付・出演:高橋咲世、山崎麻衣子、渡辺久美子

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント 
シナプスがうずきだした。
あなたからわたしへ わたしからまだ見ぬあなたへ・・・
カラダが止まらない。ココロがめぐりめぐりめぐる。

プロフィール 
咲:様々なダンスを学ぶ。05年より映像を使いギャラリーなどで作品を発表している。
麻衣:バレエを経てニチジョに入学。作品を発表しつつ様々なカンパニーの作品に参加。
久美:ニチジョ卒。《DANCE VENUS》《KAPPA-TE》所属。舞踏や演劇の場へも進出。
我が道を行く途中自然と出会い06年結成。ありのままをカラダに返すことを基とし「3人ならではのspectacleがあるハズ」とたくらんで活動中。<茅ヶ崎選考会選出>


  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

近藤良平 【from 東京】


近藤良平
提供:(財)松山市施設管理公社

出演地域:山口/宮崎

「パパ・ユーア・クレイジー」

振付・出演:近藤良平

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント  
これは次元を越えた、どこにでもいそうな男の渾身のソロ作品です。

プロフィール
Kondo Ryohei《コンドルズ》主宰・振付家。第4回朝日舞台芸術賞寺山修司賞受賞。TBS「情熱大陸」出演。「氣志團現象TOUR‘04」や宮崎あおい主演「星の王子さま」、NHK教育「からだであそぼ」などで振付を担当、「サラリーマンNEO」のテレビサラリーマン体操振付・出演。横浜国立大の非常勤講師。ペルー、チリ、アルゼンチン育ち。


  ●くせになるかも?! from スペース・ダンスプロジェクト

坂本公成+Monochrome Circus 【from 京都】


坂本公成+Monochrome Circus
撮影:清水俊洋

出演地域:札幌/前橋

「きざはし」

演出:坂本公成  振付:坂本公成、森裕子  出演:佐伯有香、合田有紀

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント 
意図しようがしまいが人は2人いるだけでお互いを傷つけ合っている。お互いの存在にさえ気づかないような階(きざはし)に立ってその事に気づく。言葉にならない言葉、ぎりぎりの希望。

プロフィール
Sakamoto Kosei + Monochrome Circus 京都を拠点に活躍するダンスカンパニー。「身体と身体の対話」をテーマに身体の持つリアリティーとフィクショナリティーを広く深く探求している。近年は『水の家』『怪物』『きざはし』などの作品群からなる「掌編ダンス集」を展開する他、アンジェ国立振付センター(フランス)とのコラボレーション「怪物プロジェクト」を準備中。主宰の坂本は、平成13年度京都市若手芸術家奨励者。神戸大学非常勤講師。<京都ダンスプロダクション(KDP)選出>



続きを読む >>
  ●りージョナル・ダンス・プロジェクト発!

さきらダンス道場 【栗東】


さきらダンス道場

出演地域:栗東
「カイキョウ」

振付:さきらダンス道場
出演:期直子、佐伯里紗、多希子

作品コメント 
始まりは様々。生き方も様々。巡り合った肉体が目指す先はただ一つ。 カイキョウして、皮を剥いで私達は踊ります!

プロフィール
栗東さきら主催のダンス道場オーディションで初めて出会い、オーディションを潜り抜け3人になる。6月からの基礎訓練と9月からのクリエーション、11月の糸賀一雄記念賞音楽祭を経て踊りに行くぜ!に向かいます。
からだがやわらかいきいちゃんと歩く姿がきれいなりっちゃんと吊るされ上手なタケコの三人娘はこの日の為に地獄めぐり中。楽ではないけど苦では決してない踊り地獄にはまって抜け出せない状態です。

期直子
46歳主婦です。周りのひんしゅく省みず未知の世界、コンテンポラリーに初挑戦です。道場で流した血と汗と涙のダンスを観てください。少しでも一緒に汗をかいていただけると嬉しいなぁ〜
佐伯里紗
1982年、滋賀県大津市生まれ。
短大にて演劇を学ぶ。卒業後は、京都・滋賀でワークショップなどに参加する。
ジャズダンス・ストリートダンス、演劇を経験してきたが、コンテンポラリーダンスは今回が初めて。ダンス道場がスタートして半年が過ぎ、自分自身にいろんな変化が起きたのだと思う。
だけれどまだ、その変化の確信が持てていない。カラダとココロにたくさん触れて、変化の幅をこれからもずっと広げていきたい。
多希子(タケコ)
京都造形芸大卒 在学中に生まれて初めて踊りに触れ、少しずつ踊りだす。
踊れるからだを求めて道場に参加。6月から仲間と共に心身を鍛え上げ中。
3人がそれぞれ作ってきた、たくましく素直な踊り。滋賀の地でしか見られません。
ここでしか見られない踊りをここで見られてよかった、そう感じて貰える作品を作りたいと思います。私達の踊り様、どうぞご覧あれ

続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

信田基 【from 松山】


信田基

出演地域:松山

「SHIFT」

振付・出演:信田基

作品コメント
あさもくねくね。ひるもくねくね。よるもくねくね。くねくね人生。

プロフィール 
Shinoda Motoi 00年9月、松山にてアダム・ベンジャミン氏のワークショップ(WS)受講を期にダンスに興味を持つ。以後、前記WS参加者の牛山眞貴子、丸山陽子らとともに《AB//seeds》としてゆる〜く活動開始。03年より年一回の頻度で発表会を行う。本年4月には初のソロ作品『SHIFT』を発表、その後「踊りに行くぜ!!」にチャレンジ。本作では世を儚み、空気のような存在になりたいと思いながらも、諦めきれずに自己の存在を自覚的に問続ける。<松山ビデオ公募選出> 


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

柴田恵美 【from 東京】


柴田恵美
撮影:大洞博靖

出演地域:大分/広島

「やさしい砂」

振付・出演:柴田恵美  音響プラン:牛川紀政 衣装:中田雅也

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
体内にあったやさしい砂。肉体のちぎれるような冷たさと灰になったような温かさ。願望と挫折の歯がゆさが感謝にかわるとき…。身近でたすけてくれたあの子に「ありがとう」。

プロフィール
Shibata Emi 河口湖生まれ。野山に囲まれ育つ。10才より新体操、後様々なジャンルで表現を学ぶ。武元賀寿子DANCEVENUSに参加。ダンサーとして北京、韓国、エディンバラフェスティバル等で数多くの作品に出演。00年より創作活動を積極的に開始。01年、中野ダンスコンペティションにて『蜜の花火』入賞。同年、白井麻子等と共に《KAPPA-TE》結成。07年「ダンスがみたい!新人シリ―ズ5」に本作を発表。バレエを踊る子供の豊さを眺めつつ、肉体と心の微妙な距離の駆け引きに没頭中。www.k5.dion.ne.jp/~hatahata/<関東ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

砂連尾理 【from 京都】


砂連尾理
提供:吾妻橋ダンスクロッシング 撮影:渡辺聡

出演地域:前橋/沖縄

「バーテンダー」

振付・出演:砂連尾理

作品コメント
シェイク、シェイク、私が揺れる、世界が揺れる。振っているのか、振らされてるのか。地球も宇宙も大きなシェーカー。シェイク、シェイク、シェキナ、ベイビー!

※06年吾妻橋ダンスクロッシング初演作品の改訂版ロングヴァージョン

プロフィール
Jareo Osamu 大学入学と同時にダンスを始める。91年より寺田みさことダンスユニットを結成。自己と他者という人間関係の最小単位である‘デュオ’という形態の中で、そこから生まれ出るハーモニーに着目し、人間の新たな関係性を模索した作品づくりを行なう。02年7月「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD」にて、次代を担う振付家賞・オーディエンス賞 W受賞。平成16年度京都市芸術文化特別奨励者。


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

じゅんじゅん 【from 東京】


じゅんじゅん

出演地域:松山/大分/鳥取

「瞬きの音」

振付・出演 じゅんじゅん

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
瞬きで世界を区切る。
その空間を通過する時そこには音が聞こえる。
瞬間の音だ。
瞬きするたびに世界は変化しているのだ。
世界は連続していない。
無関係な瞬間の断片の積み重ね。

プロフィール
Junjun 大学時代よりマイムを、その後コンテンポラリーダンスの活動も開始。岩渕多喜子、伊藤キムの作品に参加。95年、《水と油》結成。マイムをベースにダンスや演劇的手法を混ぜ込みつつ独自の作品作りに挑む。『見えない男』『スケジュール』『不時着』『机上の空論』等発表。00年より国内外で公演活動を行い、03年朝日舞台芸術賞にて寺山修司賞及びキリンダンスサポート賞受賞。06年水と油活動休止後はソロを中心に活動中。07年横浜ソロ×デュオConpetition+では本作にて審査員賞受賞。


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

白井麻子 【from 東京】


白井麻子
撮影:川畑嘉文

出演地域:多治見/佐世保/宮崎

「1にんげん」

振付・出演 白井麻子

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント 
もし地球でにんげんはたったひとりだったら・・。どのように歩くこと、踊ること、自己の存在を知り、誰と向かい合うのか?

プロフィール
Shirai Asako 中高とダンス部に所属、お茶の水女子大学の舞踊専攻を経て、ダンスに完全にはまる。ダンス馬鹿ではなく、ダンスおたく、と言われる。身体は作品の主体であり、媒体でもあることをモットーに、自分の身体の限界に毎回挑みつづけている。03年文化庁の新進芸術家海外留学制度にて2年の渡英。現在は、東京・ロンドンでの作品発表、《KAPPA-TE》として振付・演出する他、バレエダンサーに振付る「ティアラ140+」で『2にんげん』の振付や、大学で身体表現の指導を行っている。<関東ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●にほんの各地に紹介したい! from 海外

白舞寺 White Dance Temple 【from 台湾】


踊りにアイコンスペシャル公演出演決定! 大阪/東京
今年初の試み、海外招聘アーティストから、台湾の女性3人組を紹介。作品タイトルの「過火」とは台湾古代の清めの儀式から。めったに見られない秀作です!

白舞寺 鳥取(撮影:米井美由紀 Miyuki Yonei)
撮影:米井美由紀

「過火 Crossing Fire」

構成・演出・振付:ユー・シャオチン 
出演:ツァイ・ジャーチュン、ツァイ・ウェンリン、ユー・シャオチン

作品コメント
台湾古代の清めの儀式「火渡り」(台湾語では過火)より名付ける。プロジェクターで映し出されるスピード感のある台湾の都市の風景と、ダンスが奇妙に交じり合い、現代生活の中での歴史や文化のあり様を伝える。
非常に激しい身体性とエネルギーを要求されるこのダンスでは、寺院の祭典で行われる古代儀式の最中に得られるような孤高感を達成できる。

プロフィール
振付家ユー・シャオチンが台北各所のダンスカンパニーで15年以上経験を積んだ後、01年台湾中部、宜蘭で設立。台湾の伝統芸能である人形劇や歌劇とコンテンポラリーダンスを融合させた作品を発表してきた。今回の上演作『Crossing Fire』は、純粋なダンスの形へ回帰を図る第一作目である。

●作品ダイジェストを見る!

白舞寺2 鳥取(撮影:米井美由紀 Miyuki Yonei)
撮影:米井美由紀
白舞寺紹介コメント
反復のエネルギーが高まって突然世界を変えることがある。あるいは、なりふりかまわず激しい動きを繰り返すうちに、どこまでやるのだと、見ている世界の方が耐えられなくなって勝手に変わりはじめる。白舞寺の名前の通り白い踊りである。白い踊りとは何か。無垢を装いながら、ブラックホールさながらに、エネルギーをどこまでも集約し、重力が加速し、ついには白い閃光とともに炸裂する超新星の踊りである。宗教性があるかないかなどと、つまらない問いを発してはならない。ひたすらともに酩酊することである。
(加藤種男/アサヒビール芸術文化財団 事務局長)

●巡回地域:鳥取/高知


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

time and locus 【from東京】


time and locus
撮影:川崎真嗣

出演地域:多治見/弘前

「匿名トリップ」

振付:高野美和子  出演:伊東歌織、河村篤則、高野美和子

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
秘かで
そして果てしなく加熱しつづける
オブセッションとの戯れ

※03年12月「ネクストネクスト4」にて初演

プロフィール 
01年、高野美和子を中心に結成。以来、伊東歌織、河村篤則が主要メンバーとして出演。03年「ネクスト・ネクスト4」、04年「旧バニョレ国際振付賞ヨコハマプラットフォーム」、「横浜ソロ×デュオコンペティション」などに出品、「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD」にて『匿名トリップ』でオーディエンス賞を受賞。その後、『オクユキの肖像』、『透きまサロン』、『pure play』、『迷宮クリイム』など、毎年作品を発表している。<関東ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

Dance Theatre LUDENS 【from 東京】


Dance Theatre LUDENS
撮影:塚田洋一

出演地域:多治見/高知/淡路島/弘前

「Be」

構成・演出・振付:岩淵多喜子  共同振付・出演:太田ゆかり、大塚啓一

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント 
「Be」  
〜である 存在する
自分自身であること
自分自身でありながら他者と存在すること
他者と存在しながら自分自身であり続けること

プロフィール 
99年設立。以来、岩淵とダンサーとの共同作業により作品を創作。代表作としてパークタワー「ネクストダンスフェスティバル」委嘱作品として『Be』『ES』『Distance』、新国立劇場にて『Against Newton』『Agaisnt Newton供拇を発表。01年『Be』-duo version-にて横浜ソロxデュオコンペティション横浜市文化財団賞及び在日フランス大使館賞受賞。同作品はこれまでに国内及び海外6カ国の主要なフェスティバル等にて上演、高い評価を受けている。


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

24(弐拾四) 【from 鳥取】


24(弐拾四)

出演地域:鳥取

「籠の中の一人称 ♭−半音下がる」

出演:東奈保美、相川千春、金森千巴耶

作品コメント
タマニハ仮面ヲ外シテ好キ勝手ヤッテミテモイインジャナイ?ダッテ、疲レルモノ

プロフィール
鳥取大学芸術表現コース舞踊専攻卒業生。Art.M.in 富山2002 にて審査員奨励賞。東京、木更津、ルーマニアからふるさと鳥取に年女三人再結集。


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

newClear(ニュークリア) 【from 山口】


yummydance

出演地域:山口

「I cannot watch me /私は私を観ることができない」

振付・出演:大脇理智
音響:石井政伸

作品コメント
私自身は鏡や記録映像を通して自分を観ることができるが、動いている最中は客観的な視点をもてない。これは身体表現に置けるジレンマである。この作品はその盲目的な身体表現を、より感覚的に表現し、私は私自身を観察するために鏡やビデオを通じ、私を観察するプロセスそのものを作品に取り込んだものである。

プロフィール
大脇理智:映像/システムデザイン/ダンスユニット《ちくは》部長。
77年生まれ。山口市在住。2000年dumb type劇場作品「memorandum」ツアーに参加。04年ビデオダンス「CRACKERS」制作、モナコ・ダンスフォーラムにて上映。
06年ちくはで、山口情報芸術センターにて建築展を行う。07年同ユニットで冬のサミット2007(こまばアゴラ劇場)参加。同年、四谷アート・ステュディウム最優秀アーティスト賞第2回審査員賞受賞。<山口選考会選出>


  ●行きます!日本全国へ from ダンスカンパニー

BATIK 【from 東京】


BATIK
撮影:鈴木紳司

出演地域:札幌

「SIDE B」

演出・振付:黒田育世  出演:BATIK
照明プラン:足立恒(インプレッション)  衣装:後藤寿子

作品コメント
見ること
見せること

隠すこと
見えそうで見えないこと
見えても 見えないこと

自分ですら見ることのできない自分の顔を
さらけ出して生きているという一大事

プロフィール 
黒田育世振付による作品創造を中心とし、02年4月設立された女性だけのカンパニー。02年2月の旧バニョレ国際振付賞ヨコハマプラットフォームでのナショナル協議員賞受賞をきっかけにカンパニーとしての活動を本格化した。これまでにイギリス「ダンスアンブレラフェスティバル」での公演をはじめ、海外公演も多数行っている。主な作品は『SIDE B』『SHOKU』『花は流れて時は固まる』『ペンダントイヴ』。


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

P'Lush 【from 東京】


PLush

出演地域:山口/鳥取

「Headache -アタマガイタイ-」

振付:深谷正子  出演:玉内集子、藤本理子、玉内類子

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
私のいる場所。空気の色をつかもうと何度も頭を振る。
胸につけてしまったシミをじっと見る。
自分のしっぽを追いかけ、ぐるぐる回る犬のようにカラまわりの音が聞こえてくる。

プロフィール  
深谷正子に師事。96年「俳優座・FREE PACKAGE」の参加を期に《P'Lush》を結成。玉内集子を中心にメンバーを入れ替えながら踊る。07年4月に神楽坂die pratzeにて初の単独公演を行い、本作を発表、好評を得る。<関東ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●行きます!日本全国へ from ダンスカンパニー

プロジェクト大山 【from 東京】


踊りにアイコンスペシャル公演出演決定! 大阪/東京
知る人ぞ知る!? お茶大出身の女性カンパニー・プロジェクト大山。クールビューティーな容姿にベタなユーモアが、どこか底知れない魅力を放つ。アナタもクセになるはず。要チェック。

プロジェクト大山 (撮影:竹田直樹)
撮影:竹田直樹

「てまえ悶絶 〜3000円くらいの自己肯定〜」

構成・演出・振付:古家優里
共同振付・出演:長内裕美、梶本はるか、三浦舞子、三輪亜希子、古家優里
音:武田直之

作品コメント
日々、悶絶しております。
いえ、悶絶のてまえ一歩で もんもんと。
しかし、その一味 意外と美味しいかも。
3000円くらい分の自己肯定、味わっていってください。

プロフィール
project OH!YAMA
83年前後にこの世に生まれる。02年、運命的に出会いを果たし、学生時代は濃厚なダンス漬けの日々を共にする。大学卒業後、それぞれダンス活動や就職活動をしつつ悶絶し、幻想でなければこれまでに「悶絶シリーズ」作品を神楽坂セッションハウス、吉祥寺シアター、アサヒ・アートスクエアなどで上演したと思う。07年は奇跡的に大分、高知、淡路島にて踊ることができた。さらに08年、スペシャルなことが起るらしい。踊りにいくわよ!!

●作品ダイジェストを見る!

プロジェクト大山
プロジェクト大山紹介コメント
若手女子カンパニーといえどもキャピキャピ・カワイイ元気印とはひと味違う大人顔です。フォルムとフォーメーションでキッカリ作る正統派。コンテンポラリーの文脈から微妙に距離を置くも、シュールなシーン展開、ベタなユーモア、そこはかとなく漂うアイロニーに現在(いま)を射る眼を感じるのは私だけか? メンバーそれぞれのキャラが立っているのも「買い」。くぐもった時代にゲンコツかますエスプリの効いた踊りをよろしく!
(竹田真理/ダンス記者・批評、淡路島公演実行委員会)

●巡回地域:大分/高知/淡路島


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

細木 美穂(エビバイバイ) 【from 札幌】


細木美穂
撮影:よしかね

出演地域:札幌

「見捨てていいの」

振付・出演:細木美穂

作品コメント
大丈夫、大丈夫
ちょっと つまづいただけですから
ありがとう

あのひとの背中はまだ遠い

プロフィール
Hosoki Miho 98年より札幌に住み、劇団《HAPP》」に飛び込む。活動中に、自分の体が喜んでいるという状態を体験し、これまでのダンス経験では得られなかった感覚に新たな希望の光を見つける。06年には南あいこ、斉藤麻衣子とともに《エビバイバイ》を結成。これまで芝居や、踊り、パフォーマンスの作品を上演し、どしどし動いている。昨年は斉藤とデュオで「踊りに行くぜ!!」に出演。<札幌選考会選出>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

松本かおる 【from 広島】


松本かおる

出演地域:広島

「アリス・テーラー」

振付・出演:松本かおる

作品コメント
アリスの夢。母からもらった小包。昔から鏡台のエリザベス・テーラー。
初めての異文化体験。オアシスをくれた彼。アリス語り。

プロフィール
Matsumoto Kaoru 80年広島生まれ。11才で初舞台。大学入学と共に、コンテンポラリーダンスに興味を持ち、地元で開催された近藤良平、平田恵子、川野眞子ワークショップに参加。スタジオ発表会や《身体表現サークル》のパフォーマンスなどに出演。05年にはフランス・モンペリエにてカンパニーディディエ・テロンの短期研修を受ける。広島を拠点に国内外を問わず、ダンス表現を模索中。本作品『アリス・テーラー』は処女作となる。<広島選考会選出>


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

村上和司 【from 兵庫】


村上和司

出演地域:静岡/沖縄

「RED MAN 2007」
 
振付・出演:村上和司

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
“一人ぼっちの恐怖と孤独”というテーマの下、場所を変え、カタチを変えて踊ってきた作品です。今回も必死でもがいて楽しんで生きています。

プロフィール 
Murakami Kazushi 70年兵庫県尼崎市出身、近畿大学文芸学部芸術学科を卒業。00年頃から、大阪を中心にソロ活動を開始。ココロを開いてさらけだし、楽しく動いて恥をかくことをテーマにしている。本作『RED MAN』はこれ迄に、東京・愛知・大阪・神戸の劇場、またライブハウス・野外・寺社・地下空間等で、時には秘密裏に上演しているシリーズ作品。
<関西ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

森下真樹 【from 東京】


森下真樹

出演地域:大分/山口

「デビュタント」

振付・出演:森下真樹 
製作:Study of Live works 発条ト・03年

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
優雅、華やか、変身、焦燥、威嚇、陶酔、脱走、贅沢、パッション、ツクパヤ、うふふ、あはは、ぶっちゃけ、モリシタマキ、ひっそり、びっしょり。森下真樹をお楽しみください。

プロフィール
Morishita Maki 75年生まれ。03年、初のソロダンス『デビュタント』を発表し「横浜ダンスコレクション2004・ソロ×デュオ<competition>」(財)横浜市芸術文化振興財団賞を受賞。05年『東京コシツ』を発表し「東京コンペ♯2」優秀賞を受賞。同年、こまばアゴラ劇場にて初の単独公演「森下真樹ダンスショウ!!」を8日間に渡り開催。06年、イタリア・ベルギーでソロ公演を行い好評を博す。ダンス公演のほか、演劇作品『雪の女王』に、雪の女王役で出演。http://maki-m.com/


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

山口佳子 【from 岡山】


山口佳子

出演地域:前橋/静岡

「おざぶぅ」

振付・出演:山口佳子

作品コメント 
ざぶとんひと間、わたしの時間

プロフィール
Yamaguchi Yoshiko 幼少期、踊ることは人生だ! と悟る。佐藤淑子・千住真智子に踊ることのいろはを学ぶ。岡山を拠点に活動する《ズンチャチャ》主宰須原由光と出会いメンバーになる。04年「踊りに行くぜ!!」vol.5岡山公演で大高真砂子とデュオ作品を発表。そろそろソロダンス中。<関西ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●ぜったい観たい、あのダンス・このダンス

山崎広太 【from 東京】


山崎広太
撮影:田中英世

出演地域:佐世保/静岡/高知 

「イルカ狂」

振付・出演:山崎広太

作品コメント 
春のような、もやっとして曖昧でちょっと明るい雰囲気。こっちの方から向こうの方へ、マイナスからプラスでもいいし、二つの層を何回もフィードバックする身体。

プロフィール
Yamazaki Kota 笠井叡に師事、故井上博文にバレエを師事。94年、バニョレ国際振付賞受賞。01年までカンパニー《rosy.Co》として活動し、国内外で多数の公演を行う。03年セネガルのカンパニー《Jant-Bi》に、芸術監督ジャンメイ・アコギーと共同で振付け、ルワンダジェノサイドをテーマに扱った歴史的な作品として高く評価され、世界各地で上演(07年3月NY・BAM)。また、05年韓国、06年オーストラリアにて振付を行う。05年以降、カンパニー《Fluid hug-hug》で『Rise:Rose』を国内外にてツアー。


  ●くせになるかも?! from スペース・ダンスプロジェクト

山田知美 【from 奈良】


山田知美
撮影:阿部綾子

出演地域:前橋/茅ヶ崎/淡路島/栗東

「駄駄」

振付・出演:山田知美

作品コメント 
あなたのすべてでみてほしいわたしのすべてをさらすから

プロフィール
Yamada Tomomi 81年生まれ。25歳まで愛媛県松山市で育ち、26歳で奈良県に移り住む。高校・大学ではダンス部に所属する。社会人になり、05年ソロ作品『Swing Spot』を「踊りに行くぜ!!」vol.6(松山・大阪)で発表。その後、大阪DANCE BOXのステップアッププログラム「Dance Circus」「Selection」に参加する。現在、ソロ2作目を制作中。<DANCE BOX 推薦>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

山野井寛 マニシア 【from 福岡】


山野井寛 マニシア

出演地域:福岡

「ヒロシとワタシ」

振付・出演:山野井寛、マニシア

作品コメント
透明だった糸が赤く染まり、ヒロシとワタシは出逢いました。
ただの友人同志では濃すぎ、恋人同志には薄すぎる。
さあ、ふたりを結んだ赤い糸は、あなたも結んでいきますよ。

プロフィール
Yamanoi Hiroshi Manizia
山野井:78年生まれ。生まれた頃から脳性麻痺による両上下肢機能障害と言語障害をもつが、さまざまな人とコミュニケーションを図るために手話に頼らず、ボディーランゲージで意思を表す根っからの身体表現者である。
マニシア:N.Y.でダンス活動後、90年インターナショナルダンスネットワークを結成しストリートチルドレン救済チャリティー公演を現在に至り続ける。06年障害者を含めWaLEwaleworks結成。現在、ダンスセラピーの研究の真っただ中。
<福岡選考会選出> 


  ●行きます!日本全国へ from ダンスカンパニー

yummydance 【from 松山】


yummydance
撮影:一楽

出演地域:山口/佐世保/宮崎/仙台

「kNewman」

振付・構成・演出:yummydance 
出演:宇都宮忍、戒田美由紀、合田緑、高橋砂織、得居幸 
衣装:NATUR(岡田ゆかり)

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
よくわかりません
わかりあうことはめったにできません
わかんないことが、どんどこどんどこやってきて
女の人生 向かい風
歯もかわき、瞳はトゥインクル
揺さぶられていこう
あそこの骨が笑うまで

プロフィール
99年、松山にて結成。メンバーそれぞれが振付・構成・演出を行い、自由な創作スタイルで、おいしいダンスを発明中。甘味で珍味でスパイシーな作品を国内外で多数上演。本年は東京・松山・香川・高知・ドイツ・N.Y.他で公演を行う。05年「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD」ファイナリスト。www.yummydance.com


続きを読む >>
  ●にほんの各地に紹介したい! from 海外

ヨシ・ベルグ&オデッド・グラフYossi Berg & Oded Graf 【from イスラエル】


Yossi Berg & Oded Graf
撮影:Tamar Ral

出演地域:松山福岡

「ラビットハビット Rabbit Habit」

振付・出演:オデッド・グラフ、ヨシ・ベルグ
音楽:オハッド・フィショフ  衣装:タリア・オルバッハ

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
見つめ合いながら、鏡に映る姿のように動く二人の男。
お互いの姿に現れるものは、ぶち壊し、反抗し、逃げ出したい、見慣れた過去の記憶。
ここを突き抜けてファンタスティックになれるのか…
06-07年のイスラエルにおけるダンス公演のベスト5に選ばれた作品。

プロフィール
両者ともフリーで活動するダンサー/振付家。05年からコラボレーションを始める。世界のフェスティバルでデュオ作品を発表し、ドイツ・ハノーバーの国際振付競技会では最優秀賞受賞。彼らの作品は常に問題提起しながら、スタイリッシュで身体性に富む、新しい角度からのダンス探検である。


blog information

>> 最新 Photos
>> 最新コメントリスト
>> 最新トラックバックリスト
>> Mobile
qrcode
>> Links
selected entry(上の縮小画像に対応)

このページの先頭へ