「踊りに行くぜ!!」vol.8開催!

artists profile

<「踊りに行くぜ!!」vol.8 出演アーティストのプロフィールなど>
「踊りに行くぜ!!」vol.8は、41組のアーティストが、日本全国、海外3カ国から出演します!ご覧あれ。

  -

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


photo by スポンサードリンク
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

信田基 【from 松山】


信田基

出演地域:松山

「SHIFT」

振付・出演:信田基

作品コメント
あさもくねくね。ひるもくねくね。よるもくねくね。くねくね人生。

プロフィール 
Shinoda Motoi 00年9月、松山にてアダム・ベンジャミン氏のワークショップ(WS)受講を期にダンスに興味を持つ。以後、前記WS参加者の牛山眞貴子、丸山陽子らとともに《AB//seeds》としてゆる〜く活動開始。03年より年一回の頻度で発表会を行う。本年4月には初のソロ作品『SHIFT』を発表、その後「踊りに行くぜ!!」にチャレンジ。本作では世を儚み、空気のような存在になりたいと思いながらも、諦めきれずに自己の存在を自覚的に問続ける。<松山ビデオ公募選出> 


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

柴田恵美 【from 東京】


柴田恵美
撮影:大洞博靖

出演地域:大分/広島

「やさしい砂」

振付・出演:柴田恵美  音響プラン:牛川紀政 衣装:中田雅也

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
体内にあったやさしい砂。肉体のちぎれるような冷たさと灰になったような温かさ。願望と挫折の歯がゆさが感謝にかわるとき…。身近でたすけてくれたあの子に「ありがとう」。

プロフィール
Shibata Emi 河口湖生まれ。野山に囲まれ育つ。10才より新体操、後様々なジャンルで表現を学ぶ。武元賀寿子DANCEVENUSに参加。ダンサーとして北京、韓国、エディンバラフェスティバル等で数多くの作品に出演。00年より創作活動を積極的に開始。01年、中野ダンスコンペティションにて『蜜の花火』入賞。同年、白井麻子等と共に《KAPPA-TE》結成。07年「ダンスがみたい!新人シリ―ズ5」に本作を発表。バレエを踊る子供の豊さを眺めつつ、肉体と心の微妙な距離の駆け引きに没頭中。www.k5.dion.ne.jp/~hatahata/<関東ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

白井麻子 【from 東京】


白井麻子
撮影:川畑嘉文

出演地域:多治見/佐世保/宮崎

「1にんげん」

振付・出演 白井麻子

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント 
もし地球でにんげんはたったひとりだったら・・。どのように歩くこと、踊ること、自己の存在を知り、誰と向かい合うのか?

プロフィール
Shirai Asako 中高とダンス部に所属、お茶の水女子大学の舞踊専攻を経て、ダンスに完全にはまる。ダンス馬鹿ではなく、ダンスおたく、と言われる。身体は作品の主体であり、媒体でもあることをモットーに、自分の身体の限界に毎回挑みつづけている。03年文化庁の新進芸術家海外留学制度にて2年の渡英。現在は、東京・ロンドンでの作品発表、《KAPPA-TE》として振付・演出する他、バレエダンサーに振付る「ティアラ140+」で『2にんげん』の振付や、大学で身体表現の指導を行っている。<関東ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

time and locus 【from東京】


time and locus
撮影:川崎真嗣

出演地域:多治見/弘前

「匿名トリップ」

振付:高野美和子  出演:伊東歌織、河村篤則、高野美和子

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
秘かで
そして果てしなく加熱しつづける
オブセッションとの戯れ

※03年12月「ネクストネクスト4」にて初演

プロフィール 
01年、高野美和子を中心に結成。以来、伊東歌織、河村篤則が主要メンバーとして出演。03年「ネクスト・ネクスト4」、04年「旧バニョレ国際振付賞ヨコハマプラットフォーム」、「横浜ソロ×デュオコンペティション」などに出品、「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD」にて『匿名トリップ』でオーディエンス賞を受賞。その後、『オクユキの肖像』、『透きまサロン』、『pure play』、『迷宮クリイム』など、毎年作品を発表している。<関東ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

24(弐拾四) 【from 鳥取】


24(弐拾四)

出演地域:鳥取

「籠の中の一人称 ♭−半音下がる」

出演:東奈保美、相川千春、金森千巴耶

作品コメント
タマニハ仮面ヲ外シテ好キ勝手ヤッテミテモイインジャナイ?ダッテ、疲レルモノ

プロフィール
鳥取大学芸術表現コース舞踊専攻卒業生。Art.M.in 富山2002 にて審査員奨励賞。東京、木更津、ルーマニアからふるさと鳥取に年女三人再結集。


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

newClear(ニュークリア) 【from 山口】


yummydance

出演地域:山口

「I cannot watch me /私は私を観ることができない」

振付・出演:大脇理智
音響:石井政伸

作品コメント
私自身は鏡や記録映像を通して自分を観ることができるが、動いている最中は客観的な視点をもてない。これは身体表現に置けるジレンマである。この作品はその盲目的な身体表現を、より感覚的に表現し、私は私自身を観察するために鏡やビデオを通じ、私を観察するプロセスそのものを作品に取り込んだものである。

プロフィール
大脇理智:映像/システムデザイン/ダンスユニット《ちくは》部長。
77年生まれ。山口市在住。2000年dumb type劇場作品「memorandum」ツアーに参加。04年ビデオダンス「CRACKERS」制作、モナコ・ダンスフォーラムにて上映。
06年ちくはで、山口情報芸術センターにて建築展を行う。07年同ユニットで冬のサミット2007(こまばアゴラ劇場)参加。同年、四谷アート・ステュディウム最優秀アーティスト賞第2回審査員賞受賞。<山口選考会選出>


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

P'Lush 【from 東京】


PLush

出演地域:山口/鳥取

「Headache -アタマガイタイ-」

振付:深谷正子  出演:玉内集子、藤本理子、玉内類子

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
私のいる場所。空気の色をつかもうと何度も頭を振る。
胸につけてしまったシミをじっと見る。
自分のしっぽを追いかけ、ぐるぐる回る犬のようにカラまわりの音が聞こえてくる。

プロフィール  
深谷正子に師事。96年「俳優座・FREE PACKAGE」の参加を期に《P'Lush》を結成。玉内集子を中心にメンバーを入れ替えながら踊る。07年4月に神楽坂die pratzeにて初の単独公演を行い、本作を発表、好評を得る。<関東ビデオ公募選出>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

細木 美穂(エビバイバイ) 【from 札幌】


細木美穂
撮影:よしかね

出演地域:札幌

「見捨てていいの」

振付・出演:細木美穂

作品コメント
大丈夫、大丈夫
ちょっと つまづいただけですから
ありがとう

あのひとの背中はまだ遠い

プロフィール
Hosoki Miho 98年より札幌に住み、劇団《HAPP》」に飛び込む。活動中に、自分の体が喜んでいるという状態を体験し、これまでのダンス経験では得られなかった感覚に新たな希望の光を見つける。06年には南あいこ、斉藤麻衣子とともに《エビバイバイ》を結成。これまで芝居や、踊り、パフォーマンスの作品を上演し、どしどし動いている。昨年は斉藤とデュオで「踊りに行くぜ!!」に出演。<札幌選考会選出>


続きを読む >>
  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

松本かおる 【from 広島】


松本かおる

出演地域:広島

「アリス・テーラー」

振付・出演:松本かおる

作品コメント
アリスの夢。母からもらった小包。昔から鏡台のエリザベス・テーラー。
初めての異文化体験。オアシスをくれた彼。アリス語り。

プロフィール
Matsumoto Kaoru 80年広島生まれ。11才で初舞台。大学入学と共に、コンテンポラリーダンスに興味を持ち、地元で開催された近藤良平、平田恵子、川野眞子ワークショップに参加。スタジオ発表会や《身体表現サークル》のパフォーマンスなどに出演。05年にはフランス・モンペリエにてカンパニーディディエ・テロンの短期研修を受ける。広島を拠点に国内外を問わず、ダンス表現を模索中。本作品『アリス・テーラー』は処女作となる。<広島選考会選出>


  ●踊りに行くぜ!!でオドリタイ! from 選考会・ビデオ公募など

村上和司 【from 兵庫】


村上和司

出演地域:静岡/沖縄

「RED MAN 2007」
 
振付・出演:村上和司

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
“一人ぼっちの恐怖と孤独”というテーマの下、場所を変え、カタチを変えて踊ってきた作品です。今回も必死でもがいて楽しんで生きています。

プロフィール 
Murakami Kazushi 70年兵庫県尼崎市出身、近畿大学文芸学部芸術学科を卒業。00年頃から、大阪を中心にソロ活動を開始。ココロを開いてさらけだし、楽しく動いて恥をかくことをテーマにしている。本作『RED MAN』はこれ迄に、東京・愛知・大阪・神戸の劇場、またライブハウス・野外・寺社・地下空間等で、時には秘密裏に上演しているシリーズ作品。
<関西ビデオ公募選出>


続きを読む >>

blog information

>> 最新 Photos
>> 最新コメントリスト
>> 最新トラックバックリスト
>> Mobile
qrcode
>> Links
<< 2 / 3 >>
selected entry(上の縮小画像に対応)

このページの先頭へ