「踊りに行くぜ!!」vol.8開催!

artists profile

<「踊りに行くぜ!!」vol.8 出演アーティストのプロフィールなど>
「踊りに行くぜ!!」vol.8は、41組のアーティストが、日本全国、海外3カ国から出演します!ご覧あれ。

  -

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


photo by スポンサードリンク
  ●行きます!日本全国へ from ダンスカンパニー

BATIK 【from 東京】


BATIK
撮影:鈴木紳司

出演地域:札幌

「SIDE B」

演出・振付:黒田育世  出演:BATIK
照明プラン:足立恒(インプレッション)  衣装:後藤寿子

作品コメント
見ること
見せること

隠すこと
見えそうで見えないこと
見えても 見えないこと

自分ですら見ることのできない自分の顔を
さらけ出して生きているという一大事

プロフィール 
黒田育世振付による作品創造を中心とし、02年4月設立された女性だけのカンパニー。02年2月の旧バニョレ国際振付賞ヨコハマプラットフォームでのナショナル協議員賞受賞をきっかけにカンパニーとしての活動を本格化した。これまでにイギリス「ダンスアンブレラフェスティバル」での公演をはじめ、海外公演も多数行っている。主な作品は『SIDE B』『SHOKU』『花は流れて時は固まる』『ペンダントイヴ』。


続きを読む >>
  ●行きます!日本全国へ from ダンスカンパニー

プロジェクト大山 【from 東京】


踊りにアイコンスペシャル公演出演決定! 大阪/東京
知る人ぞ知る!? お茶大出身の女性カンパニー・プロジェクト大山。クールビューティーな容姿にベタなユーモアが、どこか底知れない魅力を放つ。アナタもクセになるはず。要チェック。

プロジェクト大山 (撮影:竹田直樹)
撮影:竹田直樹

「てまえ悶絶 〜3000円くらいの自己肯定〜」

構成・演出・振付:古家優里
共同振付・出演:長内裕美、梶本はるか、三浦舞子、三輪亜希子、古家優里
音:武田直之

作品コメント
日々、悶絶しております。
いえ、悶絶のてまえ一歩で もんもんと。
しかし、その一味 意外と美味しいかも。
3000円くらい分の自己肯定、味わっていってください。

プロフィール
project OH!YAMA
83年前後にこの世に生まれる。02年、運命的に出会いを果たし、学生時代は濃厚なダンス漬けの日々を共にする。大学卒業後、それぞれダンス活動や就職活動をしつつ悶絶し、幻想でなければこれまでに「悶絶シリーズ」作品を神楽坂セッションハウス、吉祥寺シアター、アサヒ・アートスクエアなどで上演したと思う。07年は奇跡的に大分、高知、淡路島にて踊ることができた。さらに08年、スペシャルなことが起るらしい。踊りにいくわよ!!

●作品ダイジェストを見る!

プロジェクト大山
プロジェクト大山紹介コメント
若手女子カンパニーといえどもキャピキャピ・カワイイ元気印とはひと味違う大人顔です。フォルムとフォーメーションでキッカリ作る正統派。コンテンポラリーの文脈から微妙に距離を置くも、シュールなシーン展開、ベタなユーモア、そこはかとなく漂うアイロニーに現在(いま)を射る眼を感じるのは私だけか? メンバーそれぞれのキャラが立っているのも「買い」。くぐもった時代にゲンコツかますエスプリの効いた踊りをよろしく!
(竹田真理/ダンス記者・批評、淡路島公演実行委員会)

●巡回地域:大分/高知/淡路島


続きを読む >>
  ●行きます!日本全国へ from ダンスカンパニー

yummydance 【from 松山】


yummydance
撮影:一楽

出演地域:山口/佐世保/宮崎/仙台

「kNewman」

振付・構成・演出:yummydance 
出演:宇都宮忍、戒田美由紀、合田緑、高橋砂織、得居幸 
衣装:NATUR(岡田ゆかり)

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
よくわかりません
わかりあうことはめったにできません
わかんないことが、どんどこどんどこやってきて
女の人生 向かい風
歯もかわき、瞳はトゥインクル
揺さぶられていこう
あそこの骨が笑うまで

プロフィール
99年、松山にて結成。メンバーそれぞれが振付・構成・演出を行い、自由な創作スタイルで、おいしいダンスを発明中。甘味で珍味でスパイシーな作品を国内外で多数上演。本年は東京・松山・香川・高知・ドイツ・N.Y.他で公演を行う。05年「TOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD」ファイナリスト。www.yummydance.com


続きを読む >>
  ●行きます!日本全国へ from ダンスカンパニー

行きます! 日本全国へ


――国内のダンス環境は発展しつつありますが、ダンスカンパニーの活動はまだまだ難しいのが現状です。カンパニーの運営も大変、ましてや自力で国内ツアーを試みるのはハードルが高く、全国各地でカンパニー作品を上演する機会は、まだ多くありません。
一方で各地から「カンパニー作品も観たい!」というリクエストが寄せられています。そんな双方のニーズにこたえるため、今年初めてカンパニー作品の公募枠を設けました。新しいムーヴメントが各地に生まれることを願って!

blog information

>> 最新 Photos
>> 最新コメントリスト
>> 最新トラックバックリスト
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 1
selected entry(上の縮小画像に対応)

このページの先頭へ