「踊りに行くぜ!!」vol.8開催!

artists profile

<「踊りに行くぜ!!」vol.8 出演アーティストのプロフィールなど>
「踊りに行くぜ!!」vol.8は、41組のアーティストが、日本全国、海外3カ国から出演します!ご覧あれ。

  -

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています


photo by スポンサードリンク
  ●にほんの各地に紹介したい! from 海外

エーヴァ・ムイル Eeva Muilu 【from フィンランド】


eva
撮影:Antoinette Mooy

出演地域:栗東/仙台

「ミミズ Vermiculus」

振付・出演:エーヴァ・ムイル

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
舞台に立つとは? 舞台芸術とは? を問う作品ながら、実は誰もが一般社会の生活の中で体験する新しいことへの挑戦や、失敗を恐れる気持ちに、いつの間にか重なっていく。また彼女は「意味」「重要性」に疑問を投げかける。人生で何に価値があるの?取るに足らない不必要な物って何?自分たち自身の価値ってどうやって決めるの? 

プロフィール
04年にフィンランド舞台芸術学校ダンス科を卒業。アムステルダム演劇学校新ダンス科でも学ぶ。現在舞台芸術学校の修士課程振付プログラム在籍中。フィンランドとオランダの両国で活躍しており、最近の作品には『Too Many Voices for One(声が多すぎて)』、『Miserable and Without Wings(情けない、そして翼もない)』、『Few Fish out of my Stomach(胃から魚)』などがある。


  ●にほんの各地に紹介したい! from 海外

白舞寺 White Dance Temple 【from 台湾】


踊りにアイコンスペシャル公演出演決定! 大阪/東京
今年初の試み、海外招聘アーティストから、台湾の女性3人組を紹介。作品タイトルの「過火」とは台湾古代の清めの儀式から。めったに見られない秀作です!

白舞寺 鳥取(撮影:米井美由紀 Miyuki Yonei)
撮影:米井美由紀

「過火 Crossing Fire」

構成・演出・振付:ユー・シャオチン 
出演:ツァイ・ジャーチュン、ツァイ・ウェンリン、ユー・シャオチン

作品コメント
台湾古代の清めの儀式「火渡り」(台湾語では過火)より名付ける。プロジェクターで映し出されるスピード感のある台湾の都市の風景と、ダンスが奇妙に交じり合い、現代生活の中での歴史や文化のあり様を伝える。
非常に激しい身体性とエネルギーを要求されるこのダンスでは、寺院の祭典で行われる古代儀式の最中に得られるような孤高感を達成できる。

プロフィール
振付家ユー・シャオチンが台北各所のダンスカンパニーで15年以上経験を積んだ後、01年台湾中部、宜蘭で設立。台湾の伝統芸能である人形劇や歌劇とコンテンポラリーダンスを融合させた作品を発表してきた。今回の上演作『Crossing Fire』は、純粋なダンスの形へ回帰を図る第一作目である。

●作品ダイジェストを見る!

白舞寺2 鳥取(撮影:米井美由紀 Miyuki Yonei)
撮影:米井美由紀
白舞寺紹介コメント
反復のエネルギーが高まって突然世界を変えることがある。あるいは、なりふりかまわず激しい動きを繰り返すうちに、どこまでやるのだと、見ている世界の方が耐えられなくなって勝手に変わりはじめる。白舞寺の名前の通り白い踊りである。白い踊りとは何か。無垢を装いながら、ブラックホールさながらに、エネルギーをどこまでも集約し、重力が加速し、ついには白い閃光とともに炸裂する超新星の踊りである。宗教性があるかないかなどと、つまらない問いを発してはならない。ひたすらともに酩酊することである。
(加藤種男/アサヒビール芸術文化財団 事務局長)

●巡回地域:鳥取/高知


  ●にほんの各地に紹介したい! from 海外

ヨシ・ベルグ&オデッド・グラフYossi Berg & Oded Graf 【from イスラエル】


Yossi Berg & Oded Graf
撮影:Tamar Ral

出演地域:松山福岡

「ラビットハビット Rabbit Habit」

振付・出演:オデッド・グラフ、ヨシ・ベルグ
音楽:オハッド・フィショフ  衣装:タリア・オルバッハ

●作品ダイジェストを見る!

作品コメント
見つめ合いながら、鏡に映る姿のように動く二人の男。
お互いの姿に現れるものは、ぶち壊し、反抗し、逃げ出したい、見慣れた過去の記憶。
ここを突き抜けてファンタスティックになれるのか…
06-07年のイスラエルにおけるダンス公演のベスト5に選ばれた作品。

プロフィール
両者ともフリーで活動するダンサー/振付家。05年からコラボレーションを始める。世界のフェスティバルでデュオ作品を発表し、ドイツ・ハノーバーの国際振付競技会では最優秀賞受賞。彼らの作品は常に問題提起しながら、スタイリッシュで身体性に富む、新しい角度からのダンス探検である。


  ●にほんの各地に紹介したい! from 海外

にほんの各地に紹介したい!


――ここ数年日本各地で国際交流企画が行われるようになり、海外とのネットワークを求める地域が増えてきました。この状況をふまえ、今年初めて、在日大使館等の協力を得て海外アーティストの国内巡回がスタートします。各国の作品を紹介することで、各地のダンスと世界がダイレクトにつながり、いずれは「踊りに行くぜ!!」で世界地図が描ければと思います。

blog information

>> 最新 Photos
>> 最新コメントリスト
>> 最新トラックバックリスト
>> Mobile
qrcode
>> Links
1 / 1
selected entry(上の縮小画像に対応)

このページの先頭へ